マンネンロウを配合したエイジングケア化粧水の効果

マンネンロウは様々な用途で使われるポピュラーなハーブです。

化粧水のエイジングケアに関してお困りですか。

抗酸化作用が強く、ダメージを受けた細胞や皮膚が修復する様に補助します。



活性酸素を取り除きますから、エイジングケアにも、美容にもメリットが目立つ植物となります。

酢酸トコフェロールが少し含まれていますから、血行促進作用を得ることも可能です。化粧水にマンネンロウエキスを加えても、酢酸トコフェロールは少なめな量ですから、製品の質感に影響は与えにくいです。
しかし、微量のビタミンEは返って肌に良い作用をもたらしますから、使用してもデメリットは殆どないビタミンです。



マンネンロウは和名であり、正式名はローズマリーと呼びます。


エイジングケアに適したハーブですが、酢酸トコフェロールの他にロズマリン酸を含有しています。抗酸化作用はビタミンEと同じく持ちますが、皮膚の血流を良くする働きかけがありますから、ターンオーバーを早めてくれるメリットも強みです。
メラニン色素は一度沈着してしまうと取りにくいですが、マンネンロウ配合の化粧水を使うことで改善を狙えます。


エイジングケアに良いマンネンロウですが、他にも含まれている有効成分、「ジテルペン」は皮膚の酸化を抑制する、皮脂の過剰酸化を食い止める力があります。
「カルノシン酸」は空気中に舞う埃や菌に対して抵抗力を付ける様に補助する働きかけかポイントです。

マンネンロウエキスを加えた化粧水はエイジングケアだけでなく、皮膚を強くします。